Discovering The Power of Japan from Ocean Wave Energy

TOPICS

2018年4月2日

商用波力発電装置(GPI直径24mタイプ)の製造プロジェクトスタート。


2017年10月16日

衆院選直前の木曜日、原発の是非が注目される中、弊社波力発電装置GPIが究極の再生エネルギーである波を使った発電に浮遊型(海底にアンカリングしないタイプ)として初めて成功したと読売TV“関西情報ネット10“で報じられました。


2017年5月

5/23, 24: メディア向け説明会を開催

神戸市第2突堤仮設会場にて、今回の実証試験の結果説明会を開きました。
参加メディアの方々も世界初ということで非常に興味を持っていただき、また、浮遊式波力発電方式ということで、従来のアンカリング方式と比べ環境への影響が非常に少ないということを理解していただきました。


2017年5月

5/16:世界初、浮遊式波力発電設備の実証実験を実施

昨年10月より設計、製造を進めてきた浮遊式波力発電設備(GPI = Green Power Island)の実証実験を神戸沖で実施しました。
当日、所定のテストを完了し、洋上テストでは電力の発生が確認できました。また、突堤でのウェットテストでは搭載したLEDの点灯"Lights-ON"も確認でき、これら結果を踏まえ、弊社では商用GPI(直径14m)の設計・製造に着手することを決定。また、これに先立ち、世界初となる波力発電実用化を目指したGPIのユニークな技術が評価され、国内特許2件についても特許証が発行されました。(現在海外特許も申請済みで審査中)

●実証テスト(神戸市新港第2突堤および3km沖合)

足場から吊り上げ開始

足場から吊り上げ開始

着水作業

着水作業

沖合に曳航してテスト実施

沖合に曳航してテスト実施

沖合に曳航してテスト実施

沖合に曳航してテスト実施

発電を確認(LED点灯)

発電を確認(LED点灯)

テスト終了後の引き揚げ

テスト終了後の引き揚げ

ニュースリリース

日経BP社 メガソーラービジネス[2017/5/24]波力発電を国内で商用化へ、「浮遊式」の実証結果を公表


2016年3月

新オフィス(虎ノ門)へ移転

Dr.Paul Noja(GPI発明者)が弊社チーフサイエンティストに就任。

Mr.Ed Schaffner(元Unisys副社長)が弊社プログラムディレクタ-に就任。


2015年12月21日

ホームページ開設


2015年12月8日

Green Power Islandの開発者であるイタリアジェノバ大学教授 Dr.Paul Noja を招いて、「波力発電設備技術発表会」開催。(グランドハイアット東京)

Dr.Noja

Dr.Noja

Mr.Ed Schaffner

Mr.Ed Schaffner

笠原センター長

笠原センター長


2015年11月

再生可能エネルギーの活用を目的としたWave Energy Technology 株式会社設立

Wave Energy Technology 株式会社

〒100-0001 東京都港区虎ノ門3-10-3 虎ノ門MTビル 5階